西表島を楽しむ!

海・森・川など魅力がたっぷり!西表島で大自然を遊び尽くす

2017年06月02日 18時37分

西表島は八重山諸島の一つで、沖縄県の中では本島に次いで2番目に面積の大きい島です。
沖縄と言えば海・ビーチのイメージが強いですが、西表島の魅力はそれだけではありません。
西表島は、森や川・滝など、アウトドア好きにはたまらない大自然の宝庫です。

西表島のおよそ90%は亜熱帯の原生林に覆われており、そこには多くの天然記念物も生息しています。
西表島のジャングルをトレッキングすると、知らない世界へ迷い込んでしまったような気分になるでしょう。
また、トレッキングのコースにピナイサーラの滝を入れてみるのはどうでしょうか。
ピナイサーラの滝は沖縄県の中で最大の落差を誇る美しい滝です。
残念ながら直接滝へ行くことのできる道路はないので、現地ツアーに申し込み、山道を歩いてアクセスしてください。

また、西表島の雄大な川を楽しむなら、仲間川のカヌーなどもオススメです。
仲間川は日本一のマングローブ流域面積を有する川です。
日本全体のマングローブ面積のうち、約4分の1がこの仲間川流域にあるとされています。
この仲間川をカヌーで進んで行くと、マングローブを手で触れるほど間近に見ることができます。
マングローブの下をくぐりながらカヌーを漕いで行くのは大変でもありますが、西表島らしい光景が目の前に広がり、きっと感動することと思います。

最後にもう一つ、西表島から水牛車で渡って行く由布島を紹介します。
由布島は周囲2km足らずのとても小さな島です。
島全体が植物園になっており、色鮮やかな南国の植物を楽しむことができます。
水牛車の進むスピードはとてもゆったり。先導の方が水牛へ指示を出しながら、民謡を歌ったりしてくれます。
浅い海の上をまさに「牛歩」で進んでいると、「たまにはこんな時間も良いな」と穏やかな気持ちになるはずです。

西表島は海・森・川と、たくさんの自然の美しさや力強さに触れられる場所です。
日常を抜け出して西表島の大自然の中でめいっぱい遊べば、心も体も元気になること間違いなしです。